美容院のシャンプー台ってしんどくない?

UXUX, EX

これこれ。美容院のシャンプー台。

これ結構しんどいんですよね…。もっと楽にできるんじゃないかって思ったんです。

しかし UX(ユーザーの快適さ)だけでなく、EX(美容師さんの使いやすさ)も考慮しないといけないっていうのがきっと大変なんだろうなと、ふと思いました。

UX!UX!と叫ばれているけれども、EX も考慮するって結構大事なんだよな。

例えばさ、ユーザーが使いやすくなるからって24時間配送を無料でずっと受け続けたら、そりゃ注文も殺到するわけで、そうすると運搬業者の手が足りなくなるわけですよね。

UX をよくすればいいって、そんな単純なことじゃない。その体験を継続的に提供するためには、EX が悪くなっていはいけないんだ、ってこと。

理想は、従業員のタスクが効率化(削減 or 自動化)されて、ユーザーの体験満足度があがること。従業員側は最悪でも現状維持。

EX考えないと、ユーザーに媚び売ってるだけですからね。家の中ではメイドをこき使いつつ、外面だけはいい貴族、みたいな(なんつー例えだ)

従業員を置きざりにしてはいけない。

…それにしても、もっといいシャンプー台作れそうだけどな。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でaoxaをフォローしよう!