国別ユニークユーザー数の傾向分析

多言語対応, Alexa の現状Alexaスキル, 多言語対応

先日、こちらのスキルを多言語対応でリリースしました。

リリース日は、

2020/3/9:JP / US / UK / AU / IN / CA(EN)
2020/3/25:GE / CA(FR) / FR

なおフランスのみ、スキルストアに表示されないという問題発生中のため、実質は未公開となっています。現在、問い合わせ中です。(スキル申請出来ない状態 ;ω;)

このスキルの累積ユニークユーザー数をグラフにしてみました。

アメリカ(US)は、既にスキルストアに数万のスキルが掲載されているため、なかなか見つけてもらえないかと思いきや、実は日本よりもユーザー数が多くなっています。きっと、ユーザーがそもそも多いからですね。

なお、アメリカでは 3/15 に 1件レビューが追加されています。

インド(IN)イギリス(UK)は同じくらいで、そこまで伸びはよくないものの、少しずつ伸びています。

オーストラリア(AU)カナダ(CA(EN))の伸びはイマイチですね。

注目すべきはドイツ(GE)

リリース日は 3/25 と一番遅いながらも、一番伸びがいいのが分かります。先日、イギリスの Alexa Champion の Liam が日本に来ていたのでお話したのですが、「UK の方が開発者は多いながらも、ドイツの方が活気がある」と言っていました。これは本当のことだったなと、数字から見て取れました。

こうやってグラフを見てみるだけでも面白いですね。

次はイタリア語、スペイン語、ヒンディー語も対応して、また経過をお知らせしたいと思います!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でaoxaをフォローしよう!