UX DAYS TOKYO:行動経済学で大事な3つの原則

UX行動経済学

UX DAYS TOKYO の中で、行動経済学のセッションがありました。

その中で、ユーザーを動かすためには、3つの原則があるようです。

希少性

時間を制限

期間限定、季節限定など、今買わなければと思わされるものは、ついつい買ってしまいますよね。

数を制限

限定100個、先着500名様など。これも、同じく。

場所を制限

東京店限定、関西限定など。これもこれも、同じく。

驚き

想定していないこと

いい意味で期待や想像を超えると驚きが生まれる。予定調和を崩す、とも言います。サプライズなど、を想像してもらえればわかりやすいと思います。

頻度が重要

毎回サプライズをしていたら、慣れてしまって驚きがなくなってしまいますよね。

タイミングが重要

重要なタスクをしているところに差し込んだらダメ。例えば、計算している時に「誕生日おめでとー!」と言われても、「もう、数えていたのに!」となってしまうかもしれません。

好奇心

欠けている情報を埋める

「続きはネット」と誘導させるのは、この好奇心をくすぐっているもの。このように重要なところを隠したり知りたい知りたいと思わせる仕掛けが大事。この欠けている情報が欲しいと、ユーザーは求めてきます。

待たせすぎない

例えば、漫画の続きが読みたい!と思っていても、数ヶ月も待たされてしまうと忘れてしまって、好奇心も薄れてしまいますよね。あまり待たせ過ぎないように、好奇心があるうちに出しましょう。

不安になることは隠さない

好奇心をくすぐるために欠けた情報を与えても、それでユーザーが不安になってしまうようなら逆効果。そうなりそうなものは、隠さず開示しましょう。

スキル開発に生かせるものは?

この3つの原則を、ユーザーが「使いたい!」と思うようなスキルを作るために、何か生かせるだろうか?と考えてみました。

特に意識しやすいのは、これらでしょうか。

  • 驚き:想定していないこと
  • 好奇心:欠けている情報を埋める
  • 好奇心:待たせすぎない
  • 好奇心:不安になることは隠さない

驚きで心を掴んで、好奇心で継続的に使ってもらう仕組みを作る。こんな感じでいかがでしょうか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でaoxaをフォローしよう!